生きがい。

2019年1月11日

自分がどれだけ得するかとかいくらお金が頂けるかとか、お金の事が気になっちゃうのは

ある意味仕方がない事です。だって住宅ローンは残っているし、学費や自動車ローンだって

残っているし、美味しいものだって食べたい、子供や孫がいればなにか残したいって考えるのは、

人間として当然の気持ちでしょう。

だからと言ってお金の事ばかり気にして、お金のエキスパートになるのもつまらないですね。

それでは自分の貯金箱の中身だけを気にする人生になっちゃいますね。

それよりも、自分のためにまた人のために、どうすればまっすぐに誠実に生きて行けるかを

考えるのが良いようです。大きな視野を持って人生のエキスパートに成れれば良いですね。

助力。

2021年1月22日

人っていろんな人の助力を得て生活しています。自らが求めなくても、人が進んで手助けをしてくれる場合もあれば、自らが依頼して助力を仰ぐ場合もあるようです。いずれにしても助力に対してはきちんと感謝しなければいけません。直接に力を尽くしてくださった方には感謝の意を表すのを忘れる事は少ないようですが、間接的に世話になった人には、つい忘れがちになるようです。依頼するときには三拝九拝して一生懸命頼んだはずです。その時の気持ちを忘れることなく感謝したいものです。その結果がうまくいったときであれうまくいかなかったときであれ、感謝する事は忘れないようにしたいものですね。日頃より周りの人たちに感謝する習慣があれば、きっと社会生活も穏やかで和やかなものとなるでしょう。

信頼。

2021年1月21日

人の扱い方が上手だといわれる人っていらっしゃいます。気をそらすことなく、礼儀正しく、喜ぶことも言うので、お相手としては気分も悪くはありません。当然のごとく「うけ」は悪くないんですね。ただ、そういった人との付き合いは、意外な発見や感動を受けるような心のふれあいってないんですね。表面だけに終始しちゃうようです。これって、人を「もの」と同じように扱っているというニュアンスを感じさせるからなんでしょうか。扱うというのは、自分の思い通りに動かすという意味なんですね。そこには、ある意味自己中心的なにおいがつきまとうようです。人に対するときは、たとえ部下であっても目下の人であっても、扱うっていう考え方をすることなく、対等の立場に立って接していきたいものですね。自分が対する人は、自分にとって非常に大切な人であると思って、心で対応することがお互い信頼しあえる近道かもしれませんね。

分かち合う。

2021年1月20日

人って自分が欲しいものは、われがちに手に入れようとするようです。この世にただ一つしかないものとか、同じものがあるにしても数量に限りがあるものとかについては、なかなか自分のものにならない。そこで、人によっては、他の人を押しのけてまで自分のものにしようとしちゃいます。しかしながら、心に余裕がある人は、自分の順番を待ち、世の中の秩序を保ち、必要とするものを手に入れます。また、人と分かち合えるものであれば、出来るだけ分かち合おうとします。人と分かち合えば数量的には少なくはなりますが、精神的な楽しみだとか豊かさは倍増します。それだけ世界も視野も広くなり、その結果自分の人生も豊かになるようです。ものを二で割ると、楽しみは二を掛けた場合と同じという数式は成り立つようですね。

器。

2021年1月19日

完全を目指して努力をする人っていらっしゃいます。しかし、実際には不可能なんですね。なので、周りの人たちにも完全を期待するのは筋違いなんですね。自分自身に対しても、不完全が人間の常態という事を認識するべきなんですね。たとえば、自分の周りの人たちが自分の思っている通りに動いてくれないので、欲求不満がつのったり、怒りをぶつけるようになる。緊張感が張り詰めた人間関係になるので、心と心が触れ合う交流って望めないんですね。不完全な中にこそ人間らしさがあるというもので、そういったことを十分知ったうえで、余裕のある付き合い方をしたいものですね。

隙を見せる。

2021年1月18日

いろんな分野にて向上を目指すのが人間ですね。しかしそのために自分の良いところばかり見せようと無理したり、表面のみ取り繕ったりしてしまう事もあるようです。周りの目を気にして、自分を防備しちゃうんですね。このように間違った方向で努力していては、中身って伴わないようです。自分自身がそうなっていないかと、時々反省してみたいものですね。意外にも、実につまらないところで虚勢を張っていることに気が付くかもしれません。立派な人は尊敬されるが、スキがなさ過ぎて敬遠される場合もあるようで、時には積極的にスキをつくるような方向に動いてみては如何でしょう。いわゆる真空に空気が入って行くように、スキのある所に人が誘い込まれてくる。そういったところから、人間味のある付き合いが可能になる場合もあるでしょう。

安全が一番。

2021年1月16日

おかげさまでいろんな工事を行わせて頂いていますが、安全が一番ですね。それと共に現場の監理をしっかりして、工期を遅らせることなく、職方の人にも手戻り等ないようにと努めています。工事に携わる人すべてが、心掛ける事で良いものが出来るようです。日々いろんなことがありますが、これが当たり前なんですね。そのいろんなことを乗り越えて、或いは糧にして自分自身が成長できれば良いですね。人と支えあい人に寄り添って人のお役に立つことをしていれば、人生が楽しくなりそうですね。一回の人生ですから、楽しくありたいものですね。

520歳。

2021年1月15日

昨日は不動産の決済を執り行いました。出席者の方々の年齢を合計すると私を含めて520歳なんですね。その不動産の歴史を感じたところです。穏やかな和やかなそして笑顔がたくさん見る事が出来、ほっとしました。      いろんな場面でいろんな方とお会いします。いろんな状況で判断もつきにくい時もあることです。勘違いや思い込みがあるときも少なくありません。そういったことを前提に予めかみ砕いて寄り添って説明する事が大切なようですね。金融機関の方司法書士の先生のおかげでスムーズに手続きは行えました。私の場合は周りの方々が良すぎるようですね。

暖かくなりそうです。

2021年1月14日

新年あけてからずっと寒い日が続いていましたが、今日は暖かくなりそうですね。現場チェックや現場手配そして決済案件が複数と退去の立会等慌ただしいとは思いますが、どうかお互いが温かい気持ちで向き合って笑顔で感謝しあえることが出来れば良いですね。お相手とは気持ちを合わせてお互いが納得の出来ることがなによりですね。

感謝なんですね。

2021年1月13日

年明け以降いろんな方にお会いしますが、良い話をお聞きします。本当に教えて頂く事ばっかりです。素直な気持ちで耳を傾ける事が出来れば、少しは吸収する事が出来るでしょうね。忘れることにかけては天才的な才能があるようなので、気を付けているところです。今日もいろんな方々にお会いしますが、なによりもそのご縁に感謝して穏やかに和やかにそして笑顔があふれる事を希望します。あなたの心が綺麗だからなんだって綺麗に見えるようですね。なによりもお相手に感謝するところから始まるようですね。

無心に。

2021年1月13日

あれやこれや考える事よりも、目の前の事に必死に取り組むことによって汗を出し、それによって知識も増え、そしたら自然に知恵も出てくることでしょう。