生きがい。

2019年1月11日

自分がどれだけ得するかとかいくらお金が頂けるかとか、お金の事が気になっちゃうのは

ある意味仕方がない事です。だって住宅ローンは残っているし、学費や自動車ローンだって

残っているし、美味しいものだって食べたい、子供や孫がいればなにか残したいって考えるのは、

人間として当然の気持ちでしょう。

だからと言ってお金の事ばかり気にして、お金のエキスパートになるのもつまらないですね。

それでは自分の貯金箱の中身だけを気にする人生になっちゃいますね。

それよりも、自分のためにまた人のために、どうすればまっすぐに誠実に生きて行けるかを

考えるのが良いようです。大きな視野を持って人生のエキスパートに成れれば良いですね。

手を合わせる事。

2021年9月22日

年を重ねたり結果が出たり、或いは一部成功が見えたりすると

我が強くなったり人の意見に耳を貸さなくなったり、困ったことに

なりかねませんね。

人間の口はひとつなんですね。耳や目はふたつありますが、

しっかり見てしっかりお聞きくださいって事のようですね。

常に振り返って、ご先祖様に手を合わせる事はなによりも

大切な事なんですね。

お彼岸です。良い機会です。手を合わせてみましょう。

月。

2021年9月21日

早朝に西の空を見上げるとまんまるのお月様が見えました。

月の中では餅つきでもしているかのような、そんな彩も

味わい深いものでした。

都会のビルや道路或いはその町の喧騒を見る事が当たり前で、

日常なものになっている方が多いようですが、

自然の一時でも同じ風景が無い、例えば風が吹けば草木がなびき

その瞬間が変化するようなそんな風景を眺める事も大切なようですね。

自然を愛して日々暮らしましょう。

台風一過。

2021年9月18日

九州地方は台風が過ぎたようです。

被害にあわれた方は、大変だったことと案じます。

自然に順応する生き方をしたいものですね。

お天道様のご機嫌は良くなっていくようです。

人間のご機嫌も良い事この上ないとも言うようです。

案ずるばかり。

2021年9月17日

心配性なんでしょう。

お相手の事、お天道様の事、体の事、社会の事等

いろいろと考えるもののようです。

朝目が覚めると目の前の事に一生懸命なんですね。

良いことだって良くないことだってあるものなんですね。

昨日は高齢のご婦人と話す機会があり、「案ずるがより産むが易し」と

いう言葉をお聞きしました。

限りある人生を如何にして充実させるかは自分次第なのかもしれませんね。

ひとつひとつ。

2021年9月16日

いろんなことがあります。

難しい案件こそ自分を成長させるチャンスなんですね。

ひとつひとつ、丁寧に慎重にそして大胆に攻める事が大切なようですね。

気分は晴れやかに気持ちは前向きに穏やかに和やかに笑顔で

過ごしましょう。積み重ねがその将来を左右します。

おかげさま。

2021年9月15日

世の中って厳しくもあり優しくもあるもののようです。

ちっちゃな頃から点数にて評価されることも多く、

他人との競争が盛んにおこなわれているようです。

点数が先ではなく人間が先なんですけどね。

他人の事よりなによりも自分を大切に愛おしく思う事なんですね。

社会って人々がお互いに「おかげさま」で成り立って、

良い関係へと進んでいくようですね。

お互いが感謝しあえる世の中になれますように。

元気の源。

2021年9月14日

90歳直前の方がお見えになりました。

50年程前からお世話になっている方ですが、久しぶりにお会いして

心が和みました。

体を動かして、字を読んで字を書いて、頭を使って、規則正しい生活が

良いようですね。

いろんな事に興味を持って、探求心旺盛で愉快に生活する事が

元気の源ではないかなと感じたところです。

ひとつでも恩返しができればと考えます。

さあ。

2021年9月13日

一週間がはじまります。

個人的にはワクチン接種も完了し、世の中の不安はまだまだ

残っていますが、思案するばかりでなく体も頭も活動させて、

汗を出し知恵を出して日々是好日なんですね。

生きていることに感動し生かされている事に感激し、

周りの方々に感謝しながら過ごしたいものですね。

今日も良い事がありそうですね。

千載一遇

2021年9月11日

よく言われていますが、長い人生生きていれば機会は

必ずめぐってくるなんて、そんなことはないんですね。

確かに必死に目標に向かって努力し日々精進を重ねた人には、

いつか報われる日が訪れるかもしれません。

しかし、願ってばかりで努力を怠る、或いは些細な理由で努力の

先延ばしを繰り返している人には、そんな機会は滅多にない。

今の世の中学ぶ人が多いのは喜ばしいが、学びはあくまで手段で、

その先の手に入れたい成果を口にしない人があまりにも多すぎます。

言うのは簡単で実現するのは至難の業、それゆえ慎ましいのも理解できますが、

だからこそ、千載一遇の機会とは文字通り千年かけて一度あるかどうか。

とにかく、思いの強さにかかっているようですね。

稽古。

2021年9月10日

稽古して大きな声を出して、体を動かせて

汗を出して空っぽになると、いろんな欲がそぎ落とされる

そんな気がします。

たくさん打って頂き、ただ感謝なんですね。

自分自身を成長させる術が稽古には詰まっているようです。