律する。

何か事を成したとき、亡き人の顔がふと浮かび、「あの人がいたら喜んでくれたのに。」と

寂しさを感じたりするものです。しかしその人を思い出すって事は、その人はまだ生きているっていう

事です。忘れない限り、その人とともに生きているんですね。

ですから、たとえ直接見てもらうことが出来なくても、耳を澄ませば、「よくやった。」と

優しい声がきっと聞こえてきます。

逆に怠惰な生活を送っていると、厳しい表情で、「なにをしているのか。」と叱る声が心に

ひびく事でしょう。

祖父母であったり両親であったり、兄弟であったり子供であったり孫であったり、恩師であったり

存命であってもなくても、その存在を意識する事で自分を律し、道を誤ることなく歩んでいける。

そんな人が誰にでもいるようです。

8月はお盆です。墓前に遺影に、思い思いに手を合わせたい。

亡き人に限らず、時には心の中の大切な人とあらためて対話をし、自分を顧みたいものですね。

そして、その人に恥じる事無く、堂々と自分を語れる姿を目指したいものですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。